chugaiトピックス
2017国際ロボット展に行ってきました!(その1)

2年に一度の祭典、「2017国際ロボット展」が11月29日(水)から12月2日(土)の4日間、東京ビッグサイトの東ホールで開催されました。今回は、世界各国から過去最高となる612(主催者発表)の企業、団体がブース出展を行い、主力製品のロボットをはじめ関連するソリューションが多数展示、デモンストレーションされていました。
今回は、この大盛況の「2017国際ロボット展」の様子を、何回かに分けて報告させていただきます。

まだ開場したばかりの、10時でこの混雑。ロボット展への期待の高さが伺えます!

私も小走りで、まずは東1ホールへ!!

ロボット展視察のスタートは、東1ホールから。まずこの入り口から会場に入って、ドン!という目に入ってくるのが、「黄色」の巨大ロボット!何故かと言うと、こんな感じです。クルマが持ち上がっています・・・。


黄色いロボットで有名なファナックさんについては、今さら申し上げることはないかと思います。国内外の産業用ロボット市場では常に上位に君臨する、日本を代表するメーカーで、「黄色=ファナック」はロボット業界の人ではなくても広く知られています。
そんなファナックさん、ノベルティのお渡しにも洒落がきいていました!
この画像でわかりますでしょうか?なんと、プレゼントのカップうどんをロボットが来場者の手まで運んでくれます。

次は、ファナックさんのお隣にブースを構えていらっしゃった、こちらもロボット業界の雄、不二越さんです。
不二越さんのブースで圧巻だったのは、この千手観音様の手のようなロボット。この手(?)が一斉に、それも同時に動いて瞬時に複数箇所のスポット溶接をしてしまう、ロボットです。
動画でご紹介できないのが残念・・・。

ところで、なぜ社名が不二越なのに、ロボットアームには「NACHi」というブランド名が書かれているのか?
実はこのブランド名、不二越さんにとってとても名誉なお話しが背景にありました。ご興味のある方は、不二越さんのサイトにある「商標『NACHI』の由来」をご覧になってください。サイトのリンクはこちらです。

「その1」はここまでです。このつづきは、「その2」をご期待ください。

展示会ご出展についてお悩みや課題がございましたら、是非一度、お問い合わせください。展示会やセミナーの企画、運営を年間200本以上お任せいただいている実績から、貴社のニーズと課題にマッチしたオリジナルのご提案をさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

※「個人情報の取り扱い」ページへリンクしますので、同意の上、お問い合わせください。

PAGE TOP